Works

Short film

「現代版 城崎にて」 At Kinosaki (2021)

Fiction /2021 /Japan, France /4K / Stereo /Color /30min

 

ヨーロッパでコロナ陽性者が爆発的に増える中、フランスで活動する俳優、縫(ぬい)は共演者だった男性をコロナ感染の影響で失う。つい先日まで彼と舞台の上でキスを交わしていたはずなのに、なぜ自分だけ生き残ってしまったのか...? 繰り返し湧き上がる問いへの答えが見出せない彼女はある日を境に声が出なくなり、5 年ぶりに日本への帰国を決意。城崎温泉へ養生にいくことに。偶然に亡くなった仲間と、偶然に生き延びた自分。自身の生を肯定することができないなか、昆虫エネルギー研究所所⻑、蛸川(たこがわ)と出会った縫は...。

 

「生きていることと死んでしまっていることと、それは両極ではなかった。それほどに差はないような気がした」

自身も2013年に身近な友人を自殺で失って以来、生と死という概念の更新やメンタルヘルスの改善、社会の周縁に生きる命への眼差しをテーマに映像製作を続けていた映画監督の太田信吾の脳裏に蘇ったのは志賀直哉の短編小説『城の崎にて』のこの一節である。彼はこの小説をコロナ禍の2021年に置き換えて映画化することを熱望。すぐさま、パリを拠点に活動する俳優の竹中香子とともに企画を開発した。本作は「湯治場」としての城崎を舞台に、現代における人それぞれの「病」と「治癒」のプロセスを描く傑作! 

公式ホームページ:https://kinosaki-film.com/

 

 

受賞/招待

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022 優秀芸術賞

ACROSS ASIA FILM FESTIVAL2022(イタリア) 正式招待

THEATRE For ALL主催 まるっとみんなで映画祭2022(日本)

 

 

配信

THEATER for ALL 

 

 

スタッフ

監督・編集:太田信吾

企画:太田信吾、竹中香子 

脚本:竹中香子、太田信吾 

音楽:唄 録音:稲荷森健 

整音・フォーリーアーティスト:市村隼人

カラリスト:星子駿光 

昆虫監修:キャファールさとう 

フランス語翻訳:竹中香子 

フランス語翻訳監修:Bertrand Lauret 

助監督:小林夢祈

撮影助手:鈴木宏侑、市田鈴音 

ロケーションコーディネーター:小林夢祈、唄、酒井一途

エグゼクティブプロデューサー:香取英敏 

ラインプロデューサー:酒井一途 

プロデューサー:曽我満寿美

制作:那木萌美

宣伝美術:NORA DESIGN(内田美由紀) 

WEBデザイン:古谷里美 

宣伝写真:bozzo 

 

 

キャスト

竹中香子 奥野美和 唄 キャファールさとう 酒井一途 かのうさちあ 小川祐章 小川惺史 寺内卓己 ほか

 

 

関係者

制作協力:株式会社デューズ 

製作委員会:株式会社エムマッティーナ、ハイドロブラスト、幸屋、M.C.P、昆虫エネルギー研究

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

 

  

Director

Shingo Ota

 

 

Synopsis

As coronavirus infections continue to spread in Europe, Nui, a French actress loses her male co-star to COVID-19. Just a few days earlier, she was kissing him on stage. Why did Nui survive? Unable to find an answer to these recurring questions, Nui one day loses her voice and decides to return to Japan for the first time in five years and goes to the Kinosaki Onsen for treatment. Her friends died by chance, and she survived by chance. Unable to affirm her own life, she meets Takogawa, the Insect Energy Research Institute’s director.

 

“Living and dying were not polar opposites. I felt there was not so much difference between them.”

Due to the loss of Ota’s close friend to suicide in 2013, his films often focused on life and death, improving mental health, and life on the periphery of society. He was eager to adapt this novel into a movie based on the COVID pandemic of 2021. He immediately developed the project with Paris-based actor Kyoko Takenaka and internationally active dancer Miwa Okuno. Although many people tried to discourage them, saying it would be too hard to obtain permission from Shiga's family, miraculously, they succeeded. The film adaptation of the short story, sealed for many years, began.

 

 

Film Festival

Yubari International Fantastic Film Festival 2022 (Japan)

ACROSS ASIA FILM FESTIVAL 2022 (Italy)

 

 

 

 

トップへ戻る