News

『エディブル・リバー』@まるっとみんなで映画祭 2023 in KARUIZAWA

太田信吾監督作品『エディブル・リバー』が、『まるっとみんなで映画祭 2023 in KARUIZAWA』の信州監督特集にて上映されます!

長野県在住のみなさま、この機会にぜひ「ざざむし漁」の現在を観にきてください◎

---------

日時: 2023年 11月17日(金) 〜19日(日)

3作品を以下の順番で上映します。作品と作品の間に5分間の途中休憩があります。
①『プックラポッタと森の時間』(監督:八代健志|16分)
②『エディブル・リバー』(監督:太田信吾|20分)
③『まつもと日和』(監督:三好大輔|73分)

<上映時間>
11月17日(金) 14:30〜
11月18日(土) 16:00〜
11月19日(日) 15:00〜

会場:軽井沢町中央公民館 (長野県北佐久郡軽井沢町長倉2353-1)

※映画祭の上映会・イベントチケットをお持ちの方は無料で鑑賞いただけます。


『エディブル・リバー』(Documentary/ 2022/ Japan/ 4K/ Stereo/ Color/ 20min)

長野県の伊那谷では毎年12月から翌2月にかけて伝統的なざざむし漁が行われている。だが護岸工事による水質の変化や気候変動、漁師の高齢化などざざむし漁には多くの壁が立ちはだかっていた。 本作は50年近く愛着をもってざざむし漁を続けてきた漁師が引退するまでの2年間と、地域に根付いたざざむしの文化を未来へ繋いでいこうと動く高校生たちの交流・活動の軌跡を追いかけたドキュメンタリー。

 

B5_omote_01.jpg スクリーンショット 2023-10-06 22.58.43.png

 

 

A3_poster_web.jpg
今回の展示では、商品販売を目的とせず、各ブランドの方々には「作家」として、商品を「芸術作品」と捉え、着物廃棄を減らしていくという共通の社会課題のもと、太田信吾監督作品『KIMONO ルネッサンス』に加え、3組の作家の皆さまに参加していただけることとなりました!

------
インスタレーション「KIMONO アップサイクル」展

会場:甘藷 生駒 (〒143-0021 東京都大田区北馬込2丁目27−11)
期間:2023年9月12日(火)〜2023年9月19日(火) *9月13日(水)は閉館
時間:9:00~18:00
料金:無料

概要:
本展は、捨てられた着物を回収し、洋服へアップサイクルする過程を描いたドキュメンタリー作品(太田信吾監督)のほか、各地の作家らによるアップサイクルされた製品、さらに着物を巡る持ち主たちのかつての記憶の痕跡についてのテキストなどを組み合わせて構成されます。
近年、わたしたちハイドロブラストは芸者文化との関わりから着物に出会い、その奥深さに魅了されつつも着物を含む年間50万トン以上ともいわれる廃棄衣類の現実に胸を痛めて参りました。課題解決のためには日常空間に侵食した空間で問題提起を行うことが不可欠であるとの思いから、企画への賛同を得て、昭和5年創業の大学芋専門店「甘藷
生駒」の店舗の一部を間借りし、本企画を実施致します。

出展作家:
kukuri kimono(@kukurikimono_tokyo)
小梅や(#coumeya
TOKYO KIMONO SHOES(@tokyokimonoshoes)
太田信吾(@shingo.ota)

❐YAHOO! Japan
ドキュメンタリーで知るSDGs
『KIMONO ルネッサンス』

主催:ハイドロブラスト
協力:生駒友一
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 [東京芸術文化創造発信助成]

問合せ先:info@hydroblast.asia 070-8470-9083
公式ホームページ: www.hydroblast.asia


『他者の言葉を語る身体のスキャンダル』9月スケジュール
演技とハラスメントの関係を探るプロジェクト『他者の言葉を語る身体のスキャンダル』、9月の勉強会・ワークショップ日程が出揃いました。
場所と対象に応じて、内容は少しづつ異なります。
「ある権力構造のなかで、見えないことにされている現象を、いかに 『可視化』することができるか」を目標に掲げ、継続していきます。
皆さまにお会いできますことを楽しみにしております。(竹中香子)
------
2023年5月、カンヌ作品常連俳優であり、セザール女優賞を2度も獲得している俳優アデル・エネル氏が34歳という若さで俳優引退宣言をし、フランス映画界に激震が走った。彼女は、ある講演会で、「迫真の演技」といわれるような、演技を超えた「真実の感情」を求めることの危険性について言及しました。「ハラスメントを引き起こしやすくしている、演技形態が存在するのではないか?」 アデル氏のアクションを出発点に、「演技」を、俳優だけの特別な技術としてではなく、わたしたち誰しもが無意識に行ってしまっているかもしれない行為と捉え、フランスでの演劇教育を紹介しながら、「演技」とハラスメントの関係を考えてみたいなと思います。


【東京-早稲田】@どらま館LABO
日 時:9月6日(水)、9月13日(水)18:30-21:30 ※原則、通し受講、見学は1日から受付可。
会 場:大隈ガーデンホール 25号館1階
対 象:学生、一般
参加費:無料
定 員:10名(先着順)
主催:早稲田小劇場どらま館
協力・後援:ハイドロブラスト


【長野-上田】@うえだ子どもシネマクラブ
日 時:
9月10日(日)10:00~ 対象:一般向け
9月11日(月)13:00~ 対象:うえだ子どもシネマクラブのメンバー向け
場 所:犀の角 (上田市中央2-11-20 / 0268-71-5221)
参加費:こども500円/大人1,000円
定 員:12名

主催:NPO法人アイダオ
支援:信州アーツカウンシル(一般財団法人長野県文化振興事業団)、令和5年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業
協力・後援:ハイドロブラスト


【大阪-西成】@路地裏の舞台にようこそ 2023
日 時:9月16日(土)16:00-18:30
場 所:SPACE★HOUSE 4階(大阪市西成区太子1-4-5)
参加費:1,000円

企画・制作:ハイドロブラスト
協力・後援:路地裏の舞台にようこそ



太田信吾 yahoo!映像が公開されました:「香りが生活に活力やメリハリを与えてくれる」香りをダウンロードできるプラットフォーム事業への挑戦

さまざまな香りのデジタルデータをダウンロードして、手元の専用ディフューザーで「再生」する。この事業を展開するのは、起業家アレックス・ツァイさん。調香師やディフューザーメーカーと連携して走り続けた開発現場に密着しました。(太田信吾)

yahoo!ニュース:「香りが生活に活力やメリハリを与えてくれる」香りをダウンロードできるプラットフォーム事業への挑戦

 

 

【映画『沼影市民プール』関連企画】建築になってしゃべってみよう!ワークショップ

さいたま国際芸術祭2023 公募プログラム

太田信吾監督作品 映画『沼影市民プール』関連企画

「建築になってしゃべってみよう!」ワークショップ

 

みなさんは、建築の気持ちになって物事を考えてみたことがありますか?

今回、私たちは、解体を目前に控える『沼影市民プール』に関する映画を撮影するにあたり、

人間視点だけではなく、「建築の視点」になって沼影市民プールの物語を紡ぎたいと考えています。

ぜひ地域の方と協働しさらに想像を膨らませた、クリエーションにご参加いただける方を募集します。

 

 

〈対象〉

沼影市民プールに近隣にお住まいの皆さま

建築物となって、物事を考えてみたい皆さま

文章を書くのが好きな皆さま

沼影市民プールがなくなってしまう前に記憶を残したい皆さま

※年齢は一切問いません!小さなお子様とご一緒でも参加していただけます。

 

 

〈内容〉

映画『沼影市民プール』製作チームが、沼影プールの気持ちになって書いたテキストを添削してみる。

沼影市民プール、もしくは、自分の街にある印象的な建物の気持ちになって文章を書いたり、喋ったりしてみる。

 

〈日時〉815日 13時半から16時半(遅れて参加や、最初だけ参加も可能です!)

〈場所〉武蔵浦和コミュニティーセンター 第1会議室

〈参加費〉無料

〈ご注意〉当日は記録撮影(映像・スチール)が入ります。映画本編に使用させていただく可能性もございます。

映像に映りたくないという方は、事前にお伝えください。

 

 

〈ご予約〉

googleフォーム:https://forms.gle/WTRwd83a6DCPFoRVA

電話:090-6340-3640

映画「沼影市民プール」公式LINE@636vjnfs

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8
トップへ戻る